消費者金融のために必要な書類は?

消費者金融のために必要な書類は?



「キャッシングを利用してみたいけど、何を用意すれば良いかわからない」このように感じる方も多いのではないでしょうか?借入をするためには、申し込み時に必要となる書類があります。

必要になる書類は、借りたい額や借入先によって異なります。今回は、申し込み時に必要となる書類や、書類の提出方法について紹介します。

本人確認書類は申込み時に必ず提出する

消費者金融や銀行カードローンなどで借入をする際、必ず必要になるのが本人確認書類です。以下では本人確認書類や、さらにもう1点の書類が必要になる場合についても見ていきます。

本人確認書類になるもの

本人確認書類とは、身分証明書にあたるものです。

「運転免許証・健康保険証・パスポート」のうち1点が必要になります。これ以外にも、住民基本台帳カードや、印鑑証明書などを代わりに提出できる場合があります。

外国の方であれば、外国人登録書や在留カードを本人確認書類として使うことも出来ます。

本人確認書類と住所が異なる場合

上で見た本人確認書類の他にもう1点、書類が必要になることがあります。それは、本人確認書類に記載された住所と現住所が異なっている場合です。具体的には、

「税金の領収書や請求書・納税証明書・社会保険料の領収書や請求書・公共料金(電気・ガス水道など)の領収書や請求書・住民票の写しや住民税の記載事項証明書」のうちどれかを提出します。

これらの書類は、借入先によっては原本での提出を求められたり、発行から半年以内のものでなければいけないこともあります。きちんと提出書類の内容を確認することも大切です。

上では、本人確認書類について紹介しました。場合によっては、この本人確認書類だけを提出すれば借入をすることが出来ます。しかし、別の書類も必要となるケースもあるので、以下で確認しましょう。

収入証明書が必要な場合は?

消費者金融や銀行カードローンを申し込む際、本人確認書類の他に収入証明書が必要となる場合があります。収入証明書とはどのようなものなのか、そして収入証明書が必要となるケースについて紹介します。

収入証明書になるもの

収入証明書は、借主の返済能力を判断する重要な書類になります。収入証明書として提出する書類は、以下のようになっています。

「源泉徴収書・給与明細書・確定申告書・所得証明書・課税証明書」のうち1つを提出します。借入先にによっては、原本での提出が求められることもあれば、コピーでも可能な場合もあります。

また、給与明細書を提出する場合、1か月分の給与明細をを用意すれば良い借入先もあれば、2か月分のものが必要となる場合もあります。

以上、収入証明書について紹介しました。以下では、収入証明書を提出するのはどのようなケースか見ていきます。それぞれ一定の借入額を超えれば提出することになるので、以下で確認しましょう。

消費者金融の場合

消費者金融での借入を申し込む際、借入額が50万円を超える場合か、複数の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

これは総量規制で定められた決まりであり、守らなければ貸金業者は法律により罰せられます。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンでは、上で書いた総量規制の適用は受けません。とはいえ、それぞれの銀行では一定の借入額を超える場合に収入証明書を要求します。銀行が定めた借入額は、以下のようになっています。

・りそなクイックカードローン・・・100万円以上の場合 ・新生銀行カードローンレイク・・・100万円を超える場合 ・みずほ銀行カードローン・・・200万円を超える場合 ・バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)・・・200万円を超える場合 ・三井住友銀行カードローン・・・300万円を超える場合 ・りそなプレミアムカードローン・・・300万円を超える場合

希望する借入額が上の金額に当てはまった場合、収入証明書を提出することになります。

以上、本人確認書類や収入証明書について見てきました。以下では、これらの書類を提出する方法について紹介します。

書類はどのように提出する?

必要書類の提出方法はいくつかあります。店頭の窓口で提出したり、郵送することも出来ます。自動契約機が利用できる借入先であれば、そこで提出する方法もあります。また、FAXやインターネットを使って提出することも可能です。

インターネットで必要書類を提出したい場合は、スマホで書類を撮影し、メールを送信します。また、申し込みを画面から画像を添付できる添付出来る場合もあります。

今回は、キャッシング時に必要な書類について紹介しました。自分の希望する借入額や借入先によって必要書類が異なります。きちんと確認することで、よりスムーズにキャッシングを利用することが出来るでしょう。

まとめ

・消費者金融や銀行カードローンの申し込みには、本人確認書類が必ず必要である。
・本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、追加書類が必要になる
・消費者金融では、借入額が50万円を超える場合や、複数の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になる
・銀行カードローンでは、それぞれの銀行が定めた借入額を超える場合に収入証明書を提出する必要がある
・必要書類は、店頭で渡したり、郵送やFAX、自動契約機、インターネット(スマホで撮影しメールに添付)などを使い提出する

↑ PAGE TOP